はちみつを通してより良い暮らしをお手伝いすべく、はちみつの魅力をお伝えしています。
お買い物はありがとトレーディング公式web shopにて(6,000円以上のお買い物で送料無料  VISA MASTER アメックス あと払い (ペイディ)がご利用可能です)

公式ウェブショップへ

はちみつvsメープルシロップの違いと上手な使い分けは?

はちみつ情報

とろりと甘くて見た目のよく似ているはちみつとメープルシロップ。

どんな違いがあるのでしょうか?

それぞれの強みがありました。
さっそく見てみましょう。

はちみつとメープルシロップそれぞれの強み

はちみつの強み

画像: photoAC

はちみつの強みはなんといってもその強力な抗菌作用

傷や炎症を癒したり、有害な菌から守ってくれる頼もしい味方です。

蜂蜜の驚くべきよい作用6選 ~活用しないともったいない
蜂蜜は自然からの素晴らしいプレゼント。 どのようなよい作用があるのでしょうか? さまざまあるのですが、そのうちの6つを紹介します。

また、この強い抗菌作用のため、上手に保管すれば長期にわたって美味しく食べることができます

はちみつ雑学-賞味期限について
はちみつの賞味期限が切れてしまった。 もう食べられないの? と思ったことがあるかもしれません。 捨てるしかないのでしょうか?

メープルシロップの強み

画像: photoAC

メープルシロップの強みはそのミネラルのずば抜けた豊富さ

はちみつにもビタミン・ミネラルは豊富に含まれているのですが、比較表を見てみると、メープルシロップのミネラルの含有量には驚かされます。
maple-11
maple-12

参照:Maple from Canada.ホームページより※画像クリックでもページに飛べます

メープルシロップは乳児に与えてもOK

笑っている赤ちゃん
また、メープルシロップはサトウカエデなどの樹液を煮詰めて濃縮したもの(80%程がカナダで生産)ですが、この煮詰めるという工程があるため、この段階で殺菌がされています。

ただし少量ずつ様子をみながら

はちみつは1歳未満の乳児には与えないでいただきたいのですが、メープルシロップは離乳食が慣れてきた頃から少量ずつ与えてOKです。
※ただし、甘い物を初期の頃から与えすぎてしまいますと、甘みに慣れすぎて他の味を味わう機会を損ねるといけませんのでご注意を。

蜂蜜は1歳未満の乳児には与えると危険ですので避けましょう
蜂蜜は乳児に与えてもいいのでしょうか? A. 1歳になるまではやめておいてです。 甘くておいしい蜂蜜ですが、蜂蜜にはごく稀にボツリヌス菌の芽胞が含まれていることがあります。

甘味料の中ではカロリーが低い

砂糖に比べてグラム換算でのカロリーの低いはちみつですが、それよりも更に少しカロリーの低いメイプルシロップ。

ダイエット時にどうしても甘いものが食べたくなった時などメイプルシロップを使ってお菓子作りをしてみてはいかがでしょうか?
ミネラルの補給にもなりとても良いと思います。

感想 はちみつの抗菌作用もすごいがメープルシロップの栄養もすごかった

抗菌作用が強く、炎症を癒したり有害菌を防ぐことに長けており、長く楽しめるはちみつ

カロリーが甘味料の中ではとても低く、栄養の豊富なメープルシロップ

  • 口腔、お腹、傷、炎症などのケアにははちみつの抗菌作用を活用。
  • 買ってきたら少しずつ長く楽しみたい→はちみつがおすすめ。
  • ダイエット時のおやつや栄養補給にはメープルシロップがよりおすすめ。
  • 赤ちゃんとの食事を楽しみたい時にはメープルシロップがおすすめ。
  • 加熱料理に使う時にはメープルシロップがおすすめ。
はちみつ雑学-本物のはちみつとは?
はちみつの売り場には、いろいろな種類のはちみつが並んでいます。 はちみつの素晴らしさを存分に味わうにはどれを選べば良いのでしょうか?

それぞれの特長を生かしてシーンによって上手に使い分けたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
メールマガジン(公式SHOPですぐに使える1,000円クーポンもれなくプレゼント)

はちみつ情報
honeyハニーstaffをフォローする
はちみつ情報館 by honeyハニー

コメント